住宅業界について(1)

空き家問題

About

the Housing

Industry

日本の住宅事情。様々な問題を抱えています。

代表的なものをご紹介しますね!

空き家問題

最も大きな問題です。

住宅総数などの推移を見てみましょう。

項目
(単位)
1968年1973年1978年1983年1988年1993年1998年2003年2008年2013年
住宅総数
(千戸)
25,59131,05935,45138,60742,00745,87950,24653,89157,58660,629
総世帯数
(千世帯)
25,32029,65132,83535,19737,81241,15944,36047,25549,97352,453
空き家
(千戸)
1,0341,7202,6793,3023,9404,4765,7646,5937,5688,196
空き家率
(%)
4.05.57.68.59.49.811.512.213.113.5

(資料)「住宅・土地統計調査」/総務省

なぜ空き家が増えているか?

世帯数は増えていますが、ご周知のとおり、人口は減り続けています。核家族化や非婚率の上昇などが分かりますよね。

それにも関わらず、新築住宅は1年に少なくても80万戸、多い時には120万戸建てられています。人口は減っているので、自然と空き家が増えてくるのは必然ですよね。

空き家が増えるとどうなるの?

2030年には30%近くなると言われています。3割となると由々しき問題。地方自治体が成り立たなくなると言われています。

 

理由は・・・

●空き家が増えてくるということは、単純にその地域の人口減と予想される。

●空いている建物に、悪い人たちがいついてしまう。いわゆる治安の悪化に繋がる。

●そうなると、この町も住みにくくなったと、出ていく人がさらに増える。

●自治体は住民の税で成り立っているようなもの。それが入ってこなくなる。

このような流れです。実際に、すでに3割を超え、財政破綻した自治体もあると言われています。

 

そのため、空いている建物をどうにかしなければなりません。

この問題は地方都市だけではありません。東京をはじめとする都市圏でも似たような状況です。

壊すのは簡単! でも・・・

大量の廃棄物が発生してきます。参考までに・・・建物にもよりますが、2階建て30坪の木造住宅の場合、4トントラック5〜10台分です。この産業廃棄物は今後、増え続けていくと言われています。環境的にもよろしくないことは容易に想像できることでしょう。

どうしたら良いの? 何が求められているの?

会社説明会でお伝えしますね! お気軽にお越しください。

本 社

〒465−0043 名古屋市名東区宝が丘270

名古屋セントラルインタービル2F

TEL. 0120-917-809 Mail:jinji@j-h-wand.co.jp

Copyright © 2019 JHWジャパンホームワンドCo,Ltd All Rights Reserved.