JAPAN HOME WAND

太陽光発電

資源の限られた日本だからこそ太陽の恵みを

太陽光発電を導入することで、私たちの暮らしは大きく変わります。

  • メリット1
    電気代が安くなる
  • メリット2
    万が一の時も安心 災害時でも電気が使える
  • メリット3
    余った電気を売ることができる
  • メリット4
    自然のエネルギーで環境にやさしいエコライフを

エネルギーを「つくる」「ためる」「かしこく使う」
スマートPVという選択肢

スマートPVの仕組み

設置までの流れ

  • ご提案
    設置容量・発電シミュレーションなどをもとに、お家に合わせたプランをご提案いたします。
  • 設置決定
    提案内容・見積もりなどをもとに設置をご検討・決定いただきます。
  • 現場調査
    実際にお家の状況を確認し、施工方法などを決定します。
  • 各種手続き
    契約締結・ローン契約・電力会社との申請関連をお客様と相談しながら弊社で行います。
  • 設置工事
    設置工事はメーカー研修を受講した資格者が責任をもって行います。
  • 検査
    取付工事・配線工事などの施工確認、システム動作検証を実施いたします。
  • 運転開始
    電力会社立ち合いのもと発電開始です。
  • 保証書発行
    お客様の手元で大切に保管してください。

Q&A

屋根は南向きでないと設置はできませんか?
南向きでなくとも設置は可能ですが、方角によって発電量が変わります。南向きを100%とすると、東・西向きは80~85%となりますので、ご提案の際にはご自宅の方角も考慮してシミュレーションを作成させていただきます。
※北面(北西~北東)は設置不可とさせて頂いております。
発電量は曇りや雨などの天候によって違いますか?
太陽電池の出力は、ほぼ日射量に比例します。
明るさにもよりますが日射量がゼロでなければ曇りや雨の日でも発電はできます。ただし、晴れの日と比較すれば1割~5割程度の発電となります。
システム設置導入後、毎日の操作が必要ですか?
太陽光発電システムは、日の出により日射が始まるとともに自動的に運転を開始し、日没で日射量が無くなるとともに自動的に停止します。 したがってお客様の操作は一切不要です。
どんな屋根に設置できますか?
一般的な住宅の屋根であれば、工法を選べば設置できます。なお、家屋の状況によっては屋根や躯体などの補強が必要な場合があり、設置できない場合もありますので、詳しくはご相談下さい。
設置に補助金はありますか?
地方自治体によっては支援制度を設けている場合があります。詳しくはお住まいの自治体へお問合せ下さい。
太陽電池モジュールの汚れによる発電量への影響はありますか?
ごみやほこり等が太陽電池モジュールの表面に付けば、発電量は数%程度ダウンすることもあります。日本の場合、定期的な降雨や風で洗い流され、ほぼ元の能力に回復すると言われています。安全の面からも屋根に登って日常的な掃除をする必要は殆どありません。